男性不妊症の閉塞性無精子症

男性不妊症の閉塞性無精子症と言う病気についてですが、
「無精子症」と言うと、ほんと聞こえが悪いですが、
昔で言うパイプカットなどをした人と言うのは
この状態になっていると考えれば想像がつきやすいかと思います。

閉塞性無精子症は、精子が出てこない病気です。

実はこれ、今では手術でどうにかなるのですが、
少し前までは子供を諦めるしかなかった病気でしたが、
TESEと言う手術が出来たことで病院によっては、
すぐに勧められるかも知れません。

ただ、精子が出て来ないだけなので
睾丸には精子がいる可能性が非常に高いのですから、
それを取り出して、体外、顕微授精すればいいのです。

お金もかかるので、
可能性を一番高くして顕微授精にするのがいいでしょう。

また、受精した受精卵は冷凍保存も可能です。

男性は嫌がるかも知れませんが、
男性が閉塞性無精子症でTESEの手術をするという事は、
奥さんには不妊症の疑いがなくても自動的に体外、
顕微授精しか選択はなくなります。

なのに、男性が拒否する訳にはいきませんよね?

男性よりも女性の卵子を摂る方が非常に苦痛です。
(男になったことないので厳密に言えば解かりませんが・・・。)

2人とも嫌な思いをするのですから、
男性は是非閉塞性無精子症でTESEの手術を
積極的に受けて欲しいと私は思います。

最近は、この手術が出来る病院も増えてきていますが、
あなたの精子が出ないのは何もあなたのせいではありません。

ですが、手術で子供が出来るなら是非前に進んで欲しいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ